最初のお産は大変なことばかり

只今両者目線の分娩を終えたばかりです。両者目線の時よりも最初の時はお産歳月が長く、また産後も大変でした。
最初はつもり日よりもはじめウィーク遅れてしまい、拡張剤のチャットが出たその真夜中に破水。アッという間に病棟に向かい入院しましたが子宮口がとっても開いておらず、そこからが長い長い陣痛に苦しめられました。深夜に入院しましたが、破水後半陣痛はあるものの子宮口は開かず側にもなれないランチもろくすっぽ取れない痛みとの格闘が続き、永遠に続いてしまうのではないかとしてしまいとても怖かっただ。
女性らしい身体になりたいなら
真昼頃、今まで以上の激痛に襲われナース様に訴えた店舗依然として掛かると思われていたのかお産室に入ってもあなたバタバタしていて、
事前にベビーの胎盤が左手にくっついてしまっているので、分娩の際には脈拍が判る道具を使う事を聞いていたのですが、お産テーブルに上がってからアッという間に産まれたので扱う案件無くさっと遅れれば間隔の間に生まれて仕舞う店舗だったのでギリギリで危なかっただ。
また産後は出血が1リットルまわりという酷かった結果ごはんも食べれずぶらぶらな始末が続き耳鳴りも便秘も酷く、裂けて塗ったパートが多かった結果治りも遅く再び両者目線は作らないと想うほどでした。
対して両者目線の時は、つもり日によってまた日帰り遅れてしまい拡張剤によるのですがお産歳月三歳月、3700gあったのにも関わらず切開もせず縫わなかったのでさんざっぱら手軽でした。両者目線がスペシャル安産だった結果最初の分娩は大変だったなあといったしみじみ思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です