膣が切れる!産後はドーナツクッションが必須でした!

ちらっと2ヶ月前に初めての分娩を積み増しました。夜中0ステージから陣痛が15取り分毎になったので入院する事になりましたが、子宮口も開いておらず朝方まで不定期陣痛が続きました。朝方一からついに5取り分度合になり分娩が始まりました。ただしお腹の中の赤ちゃんの転回がうまくいかず、また赤ちゃんは顎をひいていなくちゃいけない場所、首を逸らしたシチュエーションから変わらなかったので、助産師ちゃんから『変な角度で産道通って脳裏の大きなパーツで生まれるしいつもより長丁場できついかも』と言われました。何とかなので絶えずが分かりませんが(笑)また、ボクが分娩した病院は使命としてムダな対応は行わない場所でした。ですので会性質の伸展が悪くても会性質切開は原点行わず時間をかけてゆっくりと人肌を伸ばし
て行くメソッドでした。
参考⇒www.mypvdata.org
ボクはめったに伸びなかったみたいで、陣痛でいきむ度に医者といった助産師ちゃん二人加わりで会性質の人肌をグイーっと伸ばされました(>_<)それがいやに痛かっただ(^^;;でもどうにか繰り返し仕方赤ちゃんがだんだん進んできました。ボクはこれがいつまで貫くのか、短く出てくれ!と思いながら苦痛に耐えていましたが、過息になり全身に痺れが出始めました。そうしてかつて汗かきだった事もあり体内汗だくで暑くて暑くて、父母にうちわであおいでもらってました。そうなると今度は汗が冷えて体内揺れるほど寒くなりました。寒いといった触るという助産師ちゃんが真下に湯たんぽを用意してくれましたが先々間もなく暑くなりまた汗だくになりました(笑)ようやく赤ちゃんが出たその後、助産師ちゃんが体調を拭いて着替えさせてもらえるが、羊水が漏れたのかって勘違いされるほど背中はビッショビショでした(笑)結果、膣の中がいくぶん切れたらしく縫われてドーナツバッファがニーズでした。赤ちゃんは無理くり産道を通ったらしく産まれたステージ泣かず、吸引されてセキュリティー産声をあげました。脳裏もちょい変形していましたが、現在はきれいに治り元気に育っていらっしゃる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です