抱っこのコツもわからない状態、海外出産は即退院

俺が分娩で大変だったことは他国(米国)での分娩だった結果、一年中で退院させられたことです。
海外では日本のように1週も入院させてくれたり、御祝食膳が出たりしません。
基本的に適当の保険に入っている人だけが来る空気なのですが、懐妊は病魔じゃないので出産しても
産まれたら最初泊だけさせてくれて、問題なければたちまち退院。でも国中と同じぐらい保険に入ってても取られます。
初めての分娩で、赤子の抱っこのコツも思い付か、授乳もついに、申し立てもあんまり理解できていないケースだったので
実際泣きそうでした。国中と同じで1週ぐらい入院行えるものだとしていたので。
私の場合は夕暮れに分娩したのでかろうじて一先ず2泊出来ているのですが、でも何も知らないわからない通り
退院させられておることに変わりはありませんので、これから先の不安もいっぱいでした。
ナースさんも医院も産まれたときはニコニコとおめでとうムード満開でしたし、終始笑顔で話しかけてくれたり
やさしかったのに、父親が来てすぐに退院だよというときは病棟の使用人皆が鬼に見えました。
日本でもペースがよければ4日光ぐらいで退院できるとかはあるそうですが、でも一年中よりは賢明です。
結構父親も私も初めての赤子だったので四苦八苦しました。
あまりにも何も分からないけど、産まれたばかりの新生児を連れて帰国することも出来ず、国中から女に来てもらうのも
申し訳なかったし切符金も厳しくつきましたけども、それ以外の産物が無く、来てもらって何やかや教えてもらって
どうにかなりましたけど、実際出産して間もなく退院というときは念頭が白紙になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です