君たちが知らないダイエットの世界~下半身を痩せさせる方法~

〇「下半身デブ」ダイエットのポイントは股関節の柔らかさに
大抵の女性は下半身を痩せたいと思ったことありますよね。
股関節の可動域が小さくて開いたままだと太ももや脹脛に筋肉がついて下半身デブになってしまう。
バレリーナやフィギュアスケート選手のように股関節の柔軟性があれば、眩しい下半身や痩せこける下半身になります。「股関節の柔らかさ」がポイントです。

〇股関節はどこにある?
股関節ってとことん耳にしますが、どこだかわかりますか?股関節は太ももの骨(大腿骨)という骨盤の接合部を言います。内臓などを助ける骨盤といった脚をつないでいらっしゃる部分が股関節になり骨盤といった脚を繋いで要るポイントになります。股関節のまわりは23という色々な筋肉がついてある。そうして、様々な動きができるのは筋肉が多数ついているからなのです。
股関節が手強いって筋肉が使われないために衰えて赴き、下半身痩せが遠ざかっていきます。
ただし、股関節が瑞々しいという可動域が溢れることにより多くの筋肉が鍛えられるので半身痩せしていきます。

〇むくみや冷えの対策に股関節の柔らかさが関係いる
股関節はリンパが集まっているので毒が止まり易くなっています。殊に股関節が強いとすぐに滞るのでむくみや冷え、セルライトなどになる。
股関節を柔らかくしストレッチなどをすると毒などを流してもらえるリンパの流れが良くなり下半身がスッキリしてきます。股関節から生まれた歪みは骨盤から背骨、首へと赴き、頭蓋骨や顔にまで繋がる。
その結果、顔の左右が非対称、瞼がむくむ、目が小さくなる、頬骨が落ち込み老け顔になったり行なう。

〇股関節が原因で?
多数の女性がXO脚に耐えると思います。外に広がった股関節を庇い、膝の内側に重心が繋がるため膝頭は内側なのに、膝は内向きで股関節が開いているのでひざはベッタリ閉まらない。
堂々としという美脚を手に入れるためにも股関節の歪みを理解しましょう。
セルフチェックをしてみましょう。
・椅子に座るという足を組む
・横座りをしてしまう
・スカートが転じファスナーの位置がずれている
・靴のかかとの外側の方が収まる
・ヒールをはいた時ひざを曲げて歩いている
・長時間立つと腰が痛くなる
・便秘になりやすい
・姿勢が悪賢い

〇股関節のストレッチ(初心者向け)
1、寝ながらやる簡単股関節ストレッチ
①仰向けに寝、右足を床って平行になるように曲げる
②右足で円を書くように大きく回す。(外回り、内回り3回ずつ)
③左足も同じように
④左右終わったら両膝を揃え、膝裏が90度になるように曲げる
⑤肩が浮かないよう左右に滅ぼし10回(この時膝が離れないように注意)
2、あぐらで股関節ストレッチ
①両足の裏をあわせ背筋を伸ばして陣取る(合わせた両足は離れないよう、弱く手で握る)
②かかとは出来るだけ自分近付ける
③引き続き膝を上下に20回移す
④膝に手を置き、10秒間少しずつ下に力を加えて出向く(膝が床につくようなイメージで、息を続けるように)
これを5セット。無理をしないように行ってください。

〇股関節柔軟にやるストレッチ
①上記2.と同様に両足裏をつけて陣取る
②背筋を伸ばし、頭を遠くの床に据え置くような感じで前に倒れる。
(頭から倒れないように目線は上。骨盤から引っくり返すような感じで)
③これを10回。10回目では出来るだけ壊した状態で10秒踏ん張る。

〇下半身痩せに繋がるヒップアップストレッチ
①右半身を下にして横になって右足を90度に曲げる
②左足は伸ばして浮かしながら左手を腰について2秒踏みとどまる
③かかとから足を厳しく上げ、お尻の外側の筋肉を意識して2秒持ちこたえる。これを20回、左右各2~3セット。

〇大殿筋トレーニング
①足をお尻に近付けるようして体育座りをし、上半身は仰向けに寝入る
②右足のかかとを付けたまま、つま先だけ浮かす。
③左足は膝を90度に曲げ、浮かす
④左足のつま先を真上に向け、お尻を持ち上げ5秒持ちこたえる。お尻は横にずらさないで腰もそらないように
⑤少しずつお尻を下ろして②の位置に引き戻す
20回、左右それぞれ2~3セット行なう

鉄分不足に欠かせないのが葉酸なのですが、この葉酸は、ビタミンB(水溶性)なので体内では蓄積されにくいため、毎日摂取するのが理想です。

しかし、摂取が難しいので、2000年には、厚生労働省もサプリメントを使った葉酸摂取を呼びかけなければいけない状況になってしまいました。

引用元:http://www.kyun-dora.jp/

〇お尻~太ももを鍛え上げるトレーニング
①いすや壁などにつかまり立ちし、お尻を引き締める
②右足の膝を外側に曲げて、太ももが水平近くになるまで掲げる
②太ももの内側がすれるよう、左斜め後ろに勢いよく振り下ろす。アキレス腱を引き伸ばすような感じで
④左足も同じように。歪みが著しい方の足を主に。

〇『脚を開いてするストレッチ』 精鋭向け
①下記の注意に気をつけながら行なう
②右手は脚をスライドさせるようにして、左腕は左耳の横に生じるように伸ばし、右脚のつま先をめがけてよろける(左脚が曲がらないよう注意する)
③左の場合は右手を左のつま先まで差し向ける
④左右やったら両手を自分の前に着いて、あぐら同様に骨盤からとっくり倒れる
(体が固い人は少しずつ。脚が曲がらないくらいに立ち向かう)
②~④を10セット
【注意】
・腰をちゃんと整える
・膝が曲がらないように
・膝が内側に入らないように
・背筋をとっくり引き伸ばす
・呼吸を続けるように

〇まとめ
股関節はストレッチなどをしたからといってすぐ柔らかく繋がるものではありません。
毎日、継続する結果ちょっとずつ柔らかくなります。股関節を柔らかくすることは下半身痩せにも繋がります。
まずは小気味よい柔軟などからはじめて慣れていきながらストレッチ、エクササイズとやってみましょう。

今よりは良い自分になれる気がするので頑張りたい

私の理想のスタイルは、今と昔では、違っています。

昔は、ただただ痩せている人に憧れていて、無理なダイエットはしませんでしたが、食べ過ぎに気をつけるぐらいはしました。

友達でりんごダイエットをした友達は、リバウンドもせずに痩せれていました。

努力をせずに痩せたいと思った、私は、厳しいテニス部だったので、体を動かせるプラス日に焼けるので、黒さで痩せた感をだせていたと、その当時は満足していました。

ただ今になると、日焼け止めを全く塗らずに日に焼けたことを後悔しています。

今の理想のスタイルは、引き締まった体。

付く所はついて、余分な所はしまっている体型がいいです。

それには、ただただ痩せたいと食事に気をつけたりするだけでなく、運動も欠かせません。

まずは、ウォーキングをしたいです。

始めは週に2〜3日で1日30分くらい。

最初から頑張ると続かないと思うからです。

あとは、ストレッチなども何もしていないからだには必要なので、ヨガをしたいです。

理想の体型とは見た目だけでなく内面も良くないと、総合的に、オーラが良くない気がするからです。

ヨガは、呼吸法を大事にしていて、30代後半ぐらいからくる、体の不調を穏やかにしてくれる役割もします。

すぐによくはなりませんし、まだ私はヨガを初めて一週間ぐらいなので大きなことは言えませんが、
持続して、衰えた体や自律神経を整えて、内面からの理想を作りたいです。

ウォーキングが週に4日ぐらい出来るようになったら、ジョギングに変更したいです。

なかなか、そこまではいけませんが、常に理想をもって行動していれば、
今よりは良い自分になれる気がするので頑張りたいと思います。

ラ・クレンズ【初回980円】公式サイトキャンペーン!最安値はこちら!