「ありがとう」の一言が最高のプレゼントになる

貰いものは気持ちの話ともいいますね。
そりゃあ高い貰いものは嬉しいですが、日頃の平凡な生活をして行くなかで一番大事なのは、『有難う』の単語だと、わたしは感じています。
信書1通という有難うの言葉だけでいいんですよね。
巨額貰いものなくていりません。
日々同じことの繰り返しで、引き取り手のことを思いながら生活しても、当たり前のことと思える。
特別実入りを求めているわけではありません。
けど、ほんのワンポイント、有難うをもらえたら。
毎日の集積が間違っていなかった時、
常にきちんと見ていてもらえることがわかったケース、
標的との道程は却って縮まって行くんだと思います。
今の引き取り手は、亭主という4年齢の乳児だ。
乳児はしょっちゅうたえず口に出して伝えていただけるが、
亭主は信書のひとつももらったことはありませんから、
仮にその単語をもらえるとしたら一番亭主からです。
「男子は、それほど簡潔有難うなんて言わない!」と
よくわからないことを言っています。
わたしから見れば、単なる恥ずかしがりやちゃんなんですけどね。
そうして、自分も御礼の気持ちは教えるようにしています。
自分も、標的も気持ちよくさせて受け取る魔法の単語。
何たび使ったって、天王山の人生のように鎮まる時なんてありません。
『有難う』は、たったの5キーワード。
そうして、ただより高いものはないんですから
使わないゲンコツはありませんよね。
好調で嬉しい生活を送るためにも
単語の貰いものをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です